Equipment

いつまでも安心して暮らしていただける、確かな基本性能。

Structure

  • 遮音性と断熱性を高めた住戸妻側外壁・戸境壁:外部環境の影響を防ぐため住戸妻側外壁(ALC壁等を除く)の厚さは約150mmとし、その内側に断熱材を使用して躯体の断熱性を向上させています。また隣接住戸間の生活音の遮音性能を高めるために戸境壁はコンクリート厚約150mm・約180mm以上を確保しました。
  • 生活音を軽減する床構造:住戸内の各居室や廊下等には遮音性の高いフローリングを採用。上下階の生活音を軽減します。
  • コンクリートの耐久性を高めるかぶり厚さ:本体構造躯体は、鉄筋を保護する意味で重要なかぶり厚さについて、躯体完成時に建築基準法で定める数値が確保できるよう、施工時に5〜10mm以上の余裕を見込んでいます。必要なかぶり厚さを確保することで、アルカリ性のコンクリートが酸化しやすい鉄筋を守ります。
  • 柱は溶接閉鎖型筋(帯筋)を採用:建物を支える構造柱の耐震性を高めるため、帯筋には継ぎ目を溶接固定する「溶接閉鎖型筋(帯筋)」を採用しています。高強度せん断補強筋を使用し建物全体の耐力的な粘りを強化し、地震時に発生するせん断力に強い抵抗力を発揮します。
  • 流水音を緩和する遮音仕様の排水管:パイプスペースには排水管が通り、流水音が発生することがあります。そこで、居室に直接面するパイプスペースでは、排水管にグラスウールを巻き、さらに遮音シートを巻いて遮音性を高めています。
  • 24時間低風量 換気システム:居室の外壁に設けた給気口から新鮮な外気を採り入れ、バスルームの浴室換気乾燥機を利用して、24時間低風量による換気を実施。室内全体にゆるやかな空気の流れをつくり、室内の空気環境を常に快適にするシステムです。
  • すっきりとした住空間を実現するボイドスラブ工法:ボイドスラブ工法を採用。室内から小梁を無くし、圧迫感がなくすっきりとした天井を実現。空間をのびやかに演出します。(一部タイプを除く)
  • 住宅としての品質を第三者機関が評価する
住宅性能評価書を取得:国土交通大臣に登録した第三者評価機関が共通のルールに基づいて評価した「設計住宅性能評価書」の交付を受けています。さらに、竣工段階の評価結果を表す「建設住宅性能評価書」の交付も受ける予定(申請中)です。
  • 主採光面(バルコニー側)から柱型を極力なくしたアウトポール設計:主採光面の柱を室外側に極力出した、アウトポール設計を採用。居住空間から、柱型・大梁によるデッドスペースを極力取り除き、家具類等も配置しやすい、スッキリとした室内空間を実現しました。(一部タイプを除く)
  • 住戸内の床段差を抑えたフラットフロア設計:住戸内の床面は、居室・廊下・キッチン・洗面室などの段差を解消したフラットフロア設計。バスルームとの段差も最小限に抑え、歩きやすさに配慮しました。(玄関、バルコニー、ルーフバルコニー等を除く)
  • 【給湯暖房機に最大10年間の保証サービス。】末永く快適に暮らしていただくために、ガス開栓から最大10年(メーカー保証期間含む)まで保証する、大阪ガスの新築時限定「給湯延長保証」を採用しました。新築時限定でお得に最大10年間の保証を付与できるサービスが付いています。給湯暖房機に加えて、床暖房やミスト機能付き浴室暖房乾燥機のガス温水端末機器も保証対象となります。修理の依頼は365日・24時間受付け、故障の際にはガスのプロが対応してくれる安心のシステムです。
  • ●保証期間の比較(給湯暖房機・暖房専用熱源機+給湯器の場合)

※掲載写真は、マンションギャラリー内のモデルルーム(Fタイプの設計変更(有料)プラン)を撮影したもので、標準仕様とは異なります。
また、一部オプション仕様(有料)が含まれている他、家具・備品等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。
※オプション仕様等につきましては、現地マンションギャラリーにてご確認ください。詳しくは係員にお尋ねください。

▲ Page Top